メンズアイテム

メンズアイテム

メンズアイテム

HOME>

メンズアイテムの紹介のホームページをご覧いただきありがとうございます
メンズアイテムの通販サイトを紹介しています
ファッションにお金をかける人が減っているらしいです、
だからこそ今カッコいい服装をしていたらどうでしょうか?
きっとあなたはもてるはずだと思いませんか?
そんな男性を応援ています。

メンズファッション通販 TopIsm

メンズファッション通販 メンズファッション通販

☆人気モデル黒野慎(まこち)☆
女子氏ウケUP↑最旬モテ服♪
≪鉄板コーディネート特集≫
トレンドアイテムをお手頃価格で

メンズファッションプラス

メンズファッション メンズファッション

雑誌に載っているような高度なオシャレではなく、無難カッコいいをテーマに洋服をご提供!コーデを『マネキン買い』できるので、日々のコーデで悩む必要がありません!

BOOMERANG─ONLINE

デザイナーズブランド デザイナーズブランド

長野のファッションセレクトショップの通販サイト。UNDERCOVER、HYSTERIC GLAMOUR、marka、ZUCCa、archi、G.V.G.V.等のブランドを多数取り扱い。

AYAME ANTICO 皮革製品

皮革製品 皮革製品

イタリア・トスカーナ州で生まれた伝統的なバケッタレザーを使用し、日本の熟練職人が丁寧に縫製した上質な革製品 アヤメアンティーコ

LEVI’S リーバイス

LEVI’S リーバイス

リーバイ・ストラウスは、アメリカ合衆国を拠点とするアパレルメーカーであり、ジーンズのブランドである。通称はリーバイス(Levi's)リーバイスはアメリカ合衆国で1971年に上場した。リーバイスは一部発展途上国に契約工場を持っており、早くから児童労働の回避を含むガイドラインを制定していたが、1992年、ある契約工場で就労年齢に達しない児童労働の実態が明らかになった。この時リーバイスがとった方針は「現地に学校を作り、子供達を通わせて、就労年齢に達してから再雇用する」というものであった。しかしこの方針に対して株主からの批判が相次いだ。学校を建てる資金があるなら、株主により還元するべきなのではないかという批判である。そうした批判を受けながらもリーバイスは、同社会長が追求する人権保護や差別撤廃、環境保全、フェアトレードなどといった社会的責任を追求する経営を貫くため、「上場企業ほど株主利益に左右されない企業になることを選択する」として、社会に貢献する企業であり続けるために、創業家によるMBOを行いアメリカ合衆国での上場を止めたというエピソードがある。

エドウインショップ(EDWIN)

エドウインショップ(EDWIN)

エドウイン(EDWIN)は、デニム素材を中心とした日本のファッションブランド。エドウインのジーンズの特徴として、ペーパー・ブラシを用いてジーンズにヒゲを出したり、シェービングを用いて全体的な色落ち加工を施したり、ほつれを出すなどのダメージ加工が挙げられる。デザインの特徴としては、ポケットのWのステッチ、EDWINロゴを大きく配した皮ラベルなどが挙げられる。このデザインは1960年代のモデルから引き継がれているデザインである。

メンズファッション用語

パーカ(parka)は、衣類の一つで、トップスのうち首の根元に帽子となるフードが付いている上着の総称。パーカーとも称される。語源はロシア北部で使われるネネツ語で動物の毛皮(で作った上着)の意のパルカ。スウェット生地の普及に伴い、スウェットシャツの応用としてフード付きのスウェットパーカが広まった。スウェットシャツとの違いは首の根元にフード、腹にポケットがある所である。フードをかぶったりポケットに手を入れたりすることが出来て暖かく、とくにアメリカでは広く流通している。スポーツウェアや、ヒップホップの普及によりストリートウェアとしても人気がある。前が開かないものやジッパーで開け閉め出来るものや首元にある紐でサイズの調整ができる物もある。

ジャージー(jersey、ジャージ)とは、ニット(編み物)の編み方の一種でジャージー編みと呼ばれているものである。またはジャージー編みによって伸縮性を持たせた布(ジャージー生地)またはジャージー生地で作られた衣類、特にジャージー生地で作られたトレーニングウェアのことを指す。ジャージー生地は伸縮性があって動きやすいことから、スポーツのユニフォームやトレーニングウェアに使われることが多い。そのため、日本の学生や運動好きな人の間でジャージーと言った場合にはジャージー生地で作られたトレーニングウェアを指す場合が多い。

ポロシャツ(英語: polo shirt)は、ニット製で平折襟のプルオーバータイプのスポーツシャツ。起源はポロ競技を行う際に着用されていたシャツにあるが、1930年代にテニスの試合で着用するプレイヤーが増え始め、一般にも普及したといわれている。当初は平織りやフランネルなどの素材が用いられたが、現在ではもっぱらニット製のカジュアルシャツを指す言葉となっている。テニス以外では襟付きのシャツの着用を義務付けられるゴルフ競技などでも定番のウェアとなっており、テニスシャツやゴルフシャツと呼ばれる場合もある。基本的にはスポーツウェアであるが、襟付きであるためセミフォーマルとして扱われ、ブレザー等を組み合わせて着用することも許される。近年は学校や飲食店、医療職や介護職などの制服にも採用されることがある。

シャツ(英: shirt、襯衣(しんい))とは、上半身の体幹部に着用する衣服の一種であり、肌着(襯)として着用するものと、肌着の上に着用する中衣又は上着として使用するものがある。英語のshirtの語源は、古ゲルマン語のskurtaz(短く切る)である。丈が腰あたりまでしかない短めの衣類がこのように呼ばれており、skurtaz→scyrte(古英語)→shirte(中英語)→shirtと変化した。

ランニングシャツは、たとえば陸上競技に着るシャツ。また、男性が下着として着るおなじ形のものもいう。単にランニングともいう。形はノースリーブ状の袖がなく、UネックかVネック状の襟を深くくくっている。下着用は白や灰色が多いが、上衣として着用する物は黒や赤、青や柄物なども存在する。

セーター(英: sweater)は、編み物による衣類で、トップスにあたるものの総称。スエーターとも言う。セーターの形状としてプルオーバー(英: pullover)とカーディガン(英: cardigan)が代表的である。プルオーバーは、頭からかぶって着るもので、前後の開きがない衣類の総称。カーディガンは、前開き型になっていて、ボタンやファスナーでとめるものである。日本で一般的にいうセーターは、プルオーバーのもののみを指し、カーディガンとは区別されている。日本国外では、地域によって、その名前の由来(後述)から、ジャージやジャンパーもセーターの部類に入れられる。
Tシャツ(ティーシャツ、英: T-shirt)は、襟の付いていないシャツのこと。両袖を左右に広げた時にTの文字に見えるため命名された。 素材は綿100%や麻、ポリエステル、ポリウレタンとの混紡の場合が多い。夏場は上着を着用せずそのまま、あるいは重ね着などにも用いられ、既にラフなスタイルには欠かせない定番のファッション・アイテムとなっている。肌の上に直接着用する肌着であり、下着の一種である。Tシャツは、イメージしたいファッションを安価に、そして気軽に取り入れることができる。男性が女性のファッションを取り入れたり、大人が子供のファッションを取り入れたりすることも容易である。取り扱いの上では、ニット製品であるためしわになりにくく、アイロンがけが不要などイージーケアであることが利点といえる。

ワイシャツは、主に男性の背広の下に着用する、前開きで、ボタンと襟とカフスがついている白や淡色のシャツ。一般的な着用スタイルとしては、ネクタイを装着するのが一般的だが、クールビスの浸透などに伴い、ビジネスの現場においてオープンカラーでの着こなしも一般的になってきている。

開襟(かいきん)とは、上着やシャツなどの襟を開くこと、また開いた状態での着用を前提としてデザインされた洋服の襟の形式を指す言葉である。開襟での着用を前提に作られたシャツで、オープンシャツとも呼ばれる。 台襟を持たない平折襟で、前立てのない仕立てのものを指す。 シャツの裾は一般に短めで、ズボンから出しての着用を想定した直線的なカットになっている。 第一ボタンは省略されたり、ボタン穴の目立たないループ式とされることが多い。首元までボタンを留めての着こなしも可能だが、台襟がないためネクタイの着用には向かない。 防暑服であるため、そのほとんどは半袖で、長袖のものは少ない。女性用のブラウスではノースリーブやちょうちん袖のものも散見される。 学校や職場の夏季制服、アロハシャツ、かりゆしウェアなどにみられるスタイルである。

プールポワン(仏: pourpoint)は、14世紀半ばから17世紀にかけて西欧男子が着用した主要な上衣。ダブレット、ダブリット(英: doublet)とも呼ぶ。時代を通じ多様な形態が見られるが、詰め物・キルティングが施されたこと、袖つきであることが共通する。主に絹、ビロード、ウール、サテン、金銀糸織、寄せ布などの素材で作られ、スラッシュ (slash)、ペンド (paned)、リボン、レースなどで装飾されることもあった。

ジーンズ(英語: jeans)とは、デニム生地や他の棉生地でできたカジュアルなズボン。年齢や性別を問わず幅広い消費者に受容されたファッション衣料であり、服飾のみならず社会学の対象となることもある。デザイナーブランドの高級品も一般向けの廉価な商品も作りはほぼ同じだが、生地や縫製、部材など、おしゃれかどうかを決定する上では判別することが難しい細かい違いによって、多様な消費者層を作り出している。

バミューダショーツ(Bermuda shorts)とは、膝丈前後(4-6分丈前後)でやや細めのズボンである。イギリス領バミューダ諸島で広く着用されることから、この名前が付いた。膝上までしか丈のない短いズボンとは明確に区別されるが、丈の長さは膝がほぼ隠れるものから腿の中間まで見えるものまで千差万別である。また、腿回りの太さもさまざまである。リゾートファッションとしてのバミューダショーツは1960年代にアメリカ合衆国で流行し、1970年代にはアイビールックやサーファーファッションとともに日本などにも波及した。しかし、流行の収束に伴い、当時と同様のスタイルとしては現在はあまり一般的ではない。バミューダ諸島においては公式の場(仕事やパーティなど)においても着用が許され、正装と同じ扱いになる。ただし、正装においては脛が隠れるように膝下までの長いバミューダホーズと呼ばれる靴下と組み合わせるのが必須とされている。なお、現地における正装用のバミューダショーツと、現地以外で一般に用いられるリゾートウェア的な短いズボンとしてのバミューダショーツとでは、厳密に区別される場合もある。

カーゴパンツ(cargo pants)とは貨物船(カーゴ)で荷役作業などに従事する人たちの間で使われるようになった、作業用のズボンである。生地の厚い丈夫な綿布で作られ腰をかがめた時にも物の出し入れがしやすい、膝上の左右に大きなポケットが付けられているのが特徴である。第二次大戦頃からアメリカなど各国の軍隊で戦闘服のズボンとして採用されはじめ、のちに、作業服やカジュアルウェアとして一般にも普及した。6つポケットがあるため6ポケットパンツとも言う。ジーンズやチノ・パンツ、ミリタリー・パンツなどとともにカジュアルなズボン、とくにアウトドア用のファッションとして人気が高い。チノ・パンツと同じく綾織りが多いがジーンズと同じくサテンやコーデュロイ製のカーゴパンツも存在する。色はカーキ色や紺・黒・深緑などのくすんだ色が多いが、迷彩色のものや派手な色のものも出ている。脚の部分は太めだぶだぶのものが普通だが、テーパードやスキニーのようなスリムな形のものもある。また本来は荒っぽい仕事をするためのもので男子用しかなかったが、現在では婦人用も出回っている。

チャップス(chaps)とは、乗馬で使用する騎手の装具の一つ。シャップスとも呼ばれる。 日本では行縢(むかばき)に当たる。ズボンの上から下腿部に巻きつける形で装着し脚部を保護するため、脚絆と似ている。下半身を覆うズボンのタイプも存在する。最下部のストラップをジョッパーブーツなどの短靴の靴底にかけ、ジッパーやマジックテープで止めるタイプが多い。材質は皮革製、布製、ゴム繊維製などがある。長靴(乗馬ブーツ)を履く場合には使用しない。
スラックス(slacks)とは、衣服の長ズボンの呼び方の一種。slackとは英語でゆるい、ゆるんだという意味を持つ。スラックスはタックなどで脚の筒にゆとりを持たせたズボンを指す言葉であったが、背広などのズボンにこのような形状が一般的になるにつれ意味が拡大されたものと思われる。女性用の一部などを除いてほとんどの場合、脚の筒にはセンタープレスが設けられておりベルトを通すためのベルトループがある。礼服やサスペンダーを用いるスラックスにはベルトループは取り付けられていないことや兼用も多い(燕尾服やタキシード、モーニングコート、フロックコートなど)サスペンダーを付ける場合はクリップ式なら金具を挟み込み、ボタン式ならボタンをスラックスに設ける必要がある。スラックスの股はフックやファスナーで閉じるのが標準だがボタンで留めるものもある。

スウェットパンツ(sweat pants)とはゆったりとしていて吸汗性に優れた素材で作られたパンツ(ズボン)である。レーニングパンツに近い用途からリラクゼーションまで広く用いられる。英国、豪州、ニュージーランド、南アフリカなど、英連邦系の国ではtracksuit bottomsと呼ぶ。足首をジャージで絞ったものが主流である。ストレートタイプは裾を細く絞り込んだテーパーシルエットで、寝巻き用として活用されるようになったころから現われたもの。

アカデミックドレス(Academic Dress)は、学術的な環境の中で着用されてきた伝統的な服装である。近年は卒業式でのみアカデミックドレスが着用されている光景が見られるが、昔は学校の制服として取り扱われていた。そして、多くの歴史の古い大学では、現在でも毎日着用されている。イギリスのほとんどのアカデミックドレスは、ヨーロッパの中世の大学の全体にわたって共通の学者および事務員の服の開発を行ったオックスフォード大学およびケンブリッジ大学(それら自身をも含めて)のそれに由来する。しかしながらアメリカのアカデミックドレスもヨーロッパの影響を受けた。アカデミックドレスも公式の衣装として学会およびその機関の人々によって着用されている。近年のアカデミックドレスは、一般的に(通常はガウンとは別個の)フードとガウン、およびキャップ(角帽かボンネットのどちらか)から成り立っている。アカデミックドレスを身に着けているときは、下には男性は背広または軍服、女性はレディーススーツというように、大抵は礼装であることが多い。

つなぎは、上衣と下衣が一体の外衣。衣服の形状の一つで作業服や防護服、子供服に多く取り入れられる。ジャンプスーツ、オールインワンとも呼ばれる。つなぎは、上着とズボンが縫い合わされて完全に繋がった形状の衣服であり、ワンピースの下衣部分をズボンにしたものと言える。通常、首元から股までの前立て部分が1本のファスナーで一度に開くようになっている。ファスナーは上下どちらからも開けられるダブルスライダー式が多く、男性の小用の場合はつなぎを脱がずに済ませることができる。多くは着用者の身体を保護する役割が強い丈夫な布や皮革で作られている。防水加工や防炎加工がしてある場合もあり、逆に通気性を持たせるため一部をメッシュ素材にしたり開口部を多く設けているものもある。

モーニングコート(morning dress)は男性の昼の最上級正装の一つ。カット・アウェイ・フロックコートとも言う。なお英語本来の morning coat は上着のみを指す。乗馬用に前裾を大きく斜めに切った形状(カットアウェイ)で、18世紀のイギリス貴族の乗馬服に由来する。シングルブレストなので、来歴の系統は燕尾服やフロックコートとは別と考えられており、燕尾部分の切り落とされたものが現在の背広となったとされている。

タキシード(英: dinner jacket, tuxedo)は、男性用の礼服の一つで、基本的には夜間、宴席で着用される物である。その出自から同じく夜間用の正礼服である燕尾服に対して略式の礼装とされるが、21世紀の現代では燕尾服の使用が減ったため、タキシードが実質的な正礼装の様に使われる場合も多い。イギリスではディナー・ジャケット(会食服)、その他の欧州諸国ではスモーキング(smoking, 喫煙服)と呼ばれる。礼服としては、夜間・宴席での服装として、女性のイブニングドレスやカクテルドレスに対応する。近年の日本では結婚式の新郎が着るフロックコート風の衣装をタキシードと呼ぶこともあるが、これは日本独自の呼び方で、本来のタキシードとは異なる。

スペンサー (Spencer) は、1790年代に現れた、燕尾服の尾の部分を切り取った形状をもつ、もともとはウール製の外套である。着丈は腰までと短く、男性用のダブル(両前)合わせのジャケットとして、長い燕尾服を着用した上に着重ねるものであった。

名称の由来となったスペンサー伯爵ジョージ・スペンサーのように、軍関係の勲章をあしらうのが最も正統な、お洒落な着こなしとされていた。一説によれば、スペンサーは燕尾服を来て暖炉のそばに立っていて、尾の部分を焦がしてしまい、その部分を切り取ったことから、期せずして新しい流行を生み出したという[1]。別の説によれば、ある日、狩猟に出かけたスペンサーが、燕尾服の尾の部分が野イバラに引っかかってしまうのに苛立ち、途中で尾を切り取ってしまったのが由来であるという。

マオカラースーツとは、立襟の背広の上下一揃いをいう。ブレザーと同じく略礼装と見なされる。

リクルートスーツは、現在の日本において就職活動中に着用することを目的とした被服とその着こなしのスタイルのことを指す。本質的には就職活動中と就職後において服装規定等に違いは無くリクルートスーツなるものは存在しないはずであるが、現在の日本の学生を中心に忖度が広く行われ他人と同じ装いをし目立たないことを目的とした装いである。和製英語で、リクスーや就活スーツと称されることもある。色は紺色や灰色などがあり、模様は無地や縞模様、市松模様などがあり、男性は背広、女性はレディーススーツなどがあり、ジャケットの形はテーラードカラーでボタンの数は様々である。

カバーオール(英: coverall)とは衣服の一種。本来はトップスとボトムスが繋がった、つなぎのような形の衣服を指し、乳幼児向けではそのような衣服を指すが、それ以外ではロコモーティブ(英: loco motive、機関車)ジャケット、レイルローダー(英: railroader、鉄道員)ジャケット、チョア(雑役)コート、エンジニアコートといった衣服の総称として使用されることがある。

ブラックスーツとは、黒色の背広の上下一揃いをいう。 日本では第二次大戦の敗戦による物質的や精神的に貧しい時期に、ダークスーツなどの背広を持たない下々を対象として、黒色の背広の上下スーツが礼服として販売され、現在でも冠婚葬祭で広く普及している。また2000年頃ディオールなどの発表した細身で丈の短い黒いスーツが、日本の下々を対象としたスーツ量販店などと呼ばれる紳士服・スーツ販売数No.1 - 洋服の青山などが模倣して販売し、日常の執務中にも下々が着用している。これらは日本独特の風習である。

装飾品用語

アスコット・タイ(Ascot tie)とは、フロックコートやモーニングコートの昼間の男性の第一礼装に用いる幅広の蝉型ネクタイである。素材はスピットルフィールドなる厚手の紋織絹が用いられ、無地もある。自分で結ぶ物が普通だが、結び切りの物もある。モードとしてのアスコット・タイの登場は1876年になってから。パール状のネクタイピンを使用する。

ベルト(belt)または帯革(おびかわ)、胴締とは主に物を固定するために使われる、平たい形状で細長い布や革のこと。バンドとも呼ぶ。ほとんどのベルトは専用の固定具(バックルまたは尾錠)と一体化したものとなっており、かつ、締める強さや径はある程度任意に調節することが出来る。

ボウ(英語: bow)もしくは蝶ネクタイは、服飾用語としては、体(首、腰など)に巻き付けた1本の紐や細長い布の両端を、蝶結びにしたもの。帯、たすき、ネクタイ、リボンなどがボウに結ばれる。衣服を留め合わせる技術としてはほかにボタン、ファスナーなどがあるが、それらより歴史は長い。そのほか、髪留めや、純粋に装飾として使われる。見た目が華やかなため、女性用の衣服やアクセサリーに特によく使われる。ボウに結んだネクタイをボウタイ (bow tie, bowtie) と呼ぶ。これはネクタイの一種であり、男性のファッションである。襟下に挟むこともある。

カフリンクス(cuff links、左右対で複数形)とは、ドレスシャツ(ワイシャツ)やブラウスの袖口(カフ)を留めるための装身具。

カフリンクスは17世紀のフランスに始まったとされる。当時は袖の装飾としてレースやリボンなどを使用していたが、それらの代わりに金や銀のボタンを金属製の鎖でつないだもので留めるようになったのがカフリンクスの起源といわれている。当時のカフリンクスはもっぱらハンドメイドで制作された上流階級のものであったが、産業革命により大量生産が可能となり一般にも普及していった。シャツをカフリンクスで留めるためには、袖の両端にボタンホール(en:Buttonhole)が開いていることが必要である。シングルカフス(パレルカフスとも)の内、ボタンがついていないテニスカフス(本カフスとも)や、フレンチカフス(ダブルカフスとも)は、カフリンクスを使用しなければ袖を留めることができない。コンバーチブルカフスと呼ばれるタイプのシャツは、通常のボタンとボタンホールに加えて、ボタンの横にもボタンホールが開けてあり、ボタンまたはカフリンクスのどちらかを使用して袖口を留めることができる。

カマーバンド(Cummerbund)はブラックタイ(夜間の準礼装)着用の際、腹部に巻く飾り帯である。その起源はトルコの服装に用いられていた腹部に巻く飾り帯(サッシュ)で、15世紀頃からヨーロッパの軍隊で装飾や身分を表すため、或は敵味方識別のために用いられるようになった。その頃のサッシュは上着の上から襷掛け或は腰に巻いて着用されていた。20世紀に入ってブラックタイが夜間の準礼装とされるようになった際に、正装時のウェストコートを簡略化したものとしてその構成に取り入れられた。

脚絆(きゃはん)とは、脛の部分に巻く布・革でできた被服。ゲートルとも。活動時に脛を保護し、障害物にからまったりしないようズボンの裾を押さえ、また長時間の歩行時には下肢を締めつけて鬱血を防ぎ脚の疲労を軽減する等の目的がある。

眼鏡(めがね、メガネ)とは、目の屈折異常を補正したり、目を保護したり、あるいは着飾ったりするために、目の周辺に装着する器具。

手袋(てぶくろ)は、保護や装飾のために手(形態によっては腕やその一部を含む)を覆う衣服。親指用と、他の指をまとめて入れるスペースが二つに分かれている手袋はミトンと呼ぶ。また、指を解放しているタイプのものもあり、オープンフィンガーグローブと呼ばれる。手袋の素材は多様で、綿や羅紗、ポリエステル、ナイロン、アクリル繊維の布、毛糸、フェルト、牛や羊の革・人造皮革、ゴム、ラテックス、金属、耐熱手袋にはアラミド繊維やシリコン樹脂も使われている。柔らかい布地で作られたウォッシンググローブ (英: washing glove) というものがあり、体を洗うのに使う。数量単位は双。10双をデカ、12双をダースとして取引に用いられる。

オペラ・グローブ(英: opera glove)とは、ローブ・デコルテ等の女性用礼服のアクセサリーとして着用される肘上から二の腕まで至る長い手袋のことである。英語圏ではイブニング・グローブ(英: evening glove)ともいい清楚な淑女の上品な装いとされる。中世ヨーロッパにおける皇族や貴族等の高貴な白人女性の礼拝時のファッションがそのルーツであり、現代においてもそのファッション性は高く、オートクチュールのファッションウィークやモード系のファッション写真、結婚式のウェディングドレス等において淑女としての品格とエレガンスを誇示するためのシンボルとなる性格が強い。

ヘアバンドは、頭部に身につける装身具の一つ。髪の乱れを防ぐなどの目的で用いられる帯状の布やゴムなどのことである。布製のものはヘアターバンなどとも呼ばれる。髪の毛が長いと、下を向いた時などに髪が顔面に垂れてかぶさり、洗顔や食事、運動などの妨げとなることがある。これを防ぐためにヘアバンドが用いられる。 また、運動や調理を行う際に、額の汗を吸収し垂れてこないようにするためにも用いられる。防寒具としてもヘアバンドは用いられる。これは厚手のニットなどで作られていることが多く、耳を覆い被せるように着用する。

鞄(かばん)は、荷物の運搬を目的とした取っ手がついた主として革や布でできた袋状の服飾雑貨のこと。バッグ(bag)とも言う。服飾雑貨として認知されない袋状のものは取っ手がついていても単に袋と呼ばれ、主に収納目的のものは「ケース」と呼ばれることが多い。鞄には、ヒトが持ったり体に密着させたりするための1本か2本の取っ手やショルダーストラップ(肩掛け)、まれではあるがウェストバッグのように体に巻きつけるベルトがついている。また最近では、ベスト型の着る感覚の鞄も開発が進められている。袋の口はジッパーやボタン(口金式)、紐、あるいは折りたたんで封ができるものが多く、旅行用鞄やアタッシェケースは施錠ができる。主となる袋状の収納空間以外にポケットや間仕切りを用いて、整頓し易さや取り出しやすさを工夫してあることが多い。素材は革や化学繊維(ナイロンなど)・綿・麻などを織った布が一般的である。加えて、金属、竹や籐の植物、ポリ塩化ビニル、ビーズなども使われる。近年は軽くて丈夫な炭素繊維も使われている。鞄は用途や運搬者によって大きさが違う。ポーチと呼ばれる財布が1つ入るほどの小さな鞄から、ゴルフクラブ一式を入れることができるゴルフバッグに至るまで、さまざまな大きさがある。

アンティーク・ジュエリー(英: antique jewellery)とは、製作されてから100年以上を経過した宝飾品で、骨董的価値を持つ装身具のこと。主に欧米で作られたものについていう。 市場に出回るのは製作から200年以内のものがほとんどという事情もあり、アール・ヌーボーやアール・デコ期のジュエリーについては、正確にはまだ100年を経ていなくてもアンティーク・ジュエリーとして認められることが多い。あまり高価な素材を使わずに大量生産されたアクセサリーの場合は、コスチューム・ジュエリーと呼ばれる。近代ではもっぱら装飾のために用いられるが、ジュエリーはもともと衣服を留めるための実用品であり、富を保管する役割を兼ね備えたところから始まっている。初期には、骨や歯、貝や木や石といった自然物が素材である。多くの場合、それをつける人のステータスを示すために作られ、その人物が死ぬと埋葬品ともなった。

ネッカチーフ(Neckerchief)は、保温や防塵、装飾のために首の回りに巻く、薄く柔らかくて四角い布のこと。スカーフ(Scarf)とほぼ同じものだが、特に制服の一部となっているものを指す。ネッカチーフ(省略してネッチと呼ばれることもある)は直角二等辺三角形(または正方形)の布で出来ており、着用の際は三角形の長辺から頂部に向かって巻き上げて首にかけ、チーフリングと呼ばれる留め具を用いて制服の第一ボタンと第二ボタンの間で留める。(チーフリングを使わず、叶結び等で直接結ぶこともあるが、海外では時折見かけられるものの、日本においてはだらしないと判断される事が多くほとんどのスカウトがチーフリングを使用している。)

マフ(英語:muff)は、ファーまたは織物の、両端の開いた円筒形の戸外用の防寒具である。両端から両手をそれぞれさし入れて用いる。

ネクタイ(英語: necktie)とは、男性の洋装で、首の周りに装飾として巻く布のことである。多くの場合、ワイシャツの襟の下を通し、喉の前で結び目を作って体の前に下げる。首に巻く細い方を小剣(スモールチップ)、前方に下げる太い方を大剣(ブレード)という。制服として女性がネクタイを着用する場合や、カジュアルなファッションアイテムとしてネクタイを着用する場合もある。

懐中時計(かいちゅうどけい、英語: pocket watch)は、ポケットや懐などに入れて持ち歩く小型の携帯用時計である。

スカーフ(英: scarf)とは、主に女性が装飾用に身につける綿・麻・絹・ポリエステル・ウールでできた正方形の薄手の布のこと。制服の一部として使われる場合はネッカチーフと呼ばれる。主に頭を覆ったり(ベールまたはヘッドスカーフ)、首に巻いたり(襟巻き)して使う。

サングラス(英語: sunglasses)とは、日差しや強い照明から眼を守るために着用する保護眼鏡のこと。眩しさや紫外線などを低減するために着用する。白人は、日光から健康被害を受けやすいため、瞳を日光から守るという健康上の理由でよく使う。オゾンホールの影響で紫外線が強いオーストラリアやニュージーランドなどでは、児童がかける事も珍しくない。目元が隠れるという付随効果もあり、19世紀末の書籍によれば、盲人が視力を失っただけでなく見た目にも見苦しくなった目を隠すためにサングラスを着用することは当時から一般的であった。黒眼鏡、色眼鏡やグラサンなどとも言う。黒眼鏡の語は、年配の世代で用いられることが多い。

サスペンダー (suspenders) とは、日本語でズボン吊りと呼ばれるズボンを固定するベルトのことである。

傘(かさ、からかさ)とは、雨・雪・日光などが体に当たらないよう、頭上に広げ差しかざすもの。上から降下してくるものに対して直被しないように防護する目的の用具で、一般には手に持って差しかけて使う用具の総称をさし、頭部に直接かぶって使う用具である「笠」と区別される。なお、ガーデンパラソルやマーケットパラソルなど携行を目的としない特殊な傘もあり、これらは地面に立てたり吊ったりして用いる。傘は現代においては、雨や雪などの降水時に体や持ち物を濡らさないために使うほか、夏季の強い日射を避けるために使うことも多い。

財布(さいふ)は、紙幣や硬貨など通貨の携帯に用いる袋ないし容器である。これらは、一般に金品ないし貴重品と呼ばれる価値の高い物品を収納し携帯の便が良いように工夫されたもので、特に携帯性に主眼がおかれているが、その収納機能も携帯に際して邪魔にならない形で、これら物品を機能的に収納できるよう工夫された製品が流通している。これに収められる物品は、紙幣や硬貨以外にも、クレジットカードやキャッシュカードないしプリペイドカードなどの実質的に金銭に準じた使い方がされるカード類のほか、運転免許証やパスポート、名刺等の身分などを証明・確認し得るもの、あるいは定期券や診察券、ポイントサービスなど各種サービスを受けるためのものを入れることができるようになっているものが多い。紙幣に特化した札入れや小銭に特化した小銭入れもある。また、小銭入れの部分をもつ財布は小銭入れ付として特記して販売されることもある。デザインによって男性用(紳士用)あるいは女性用(婦人用)として製品化されているものもある。

腕時計(うでどけい)は、ベルトによって手首に巻くことで携帯できる時計である。ベルト(帯、バンド)に時計本体が結合・固定され、これを手首に巻いた状態で携帯でき、かつ視認できる小型の時計である。

バンダナ (Bandana, Bandanna) は、絞り染めや更紗模様で染めた木綿のカーチフ (Kerchief)である。頭部に巻きつけて使用する他、特にアメリカの肉体労働者には首に巻いたり手や汗を拭く用途などにも用いられるが、日本語の場合、同じものでも首に巻く用途ではスカーフ、手や汗を拭く用途ではハンカチと呼ばれバンダナとは区別される。

スヌード(英語:Snood)は、首の周囲に巻く事を想定した布の一種。

ショール(shawl)は、衣類の一種であり、肩にかけたり、頭からかぶったりして着用する。通常は四角形をした布で三角形になるように折って使うが、最初から三角形のものもある。

マフラー(英語: muffler)、は、首の周囲に巻く、細長い長方形をした厚手の布である。現代英語では scarf ということが多いが、スカーフは元来は軍服の飾帯から大きく意味が広がった語で、日本語のスカーフは婦人用の装飾用の正方形の布をさす。防寒具のひとつ。幅数十cm、長さ2m程度の長方形の布で、これを必要に応じて折り畳んで首の回りに巻き、首や肩の防寒とする。素材は、ウール、綿などであるが、毛糸を編んで作成することも多い。形状が単純であり、長さを間違えても支障がないため、手編みの初歩として選ばれることも多い上、女性から男性への贈り物に手作りのマフラーが選ばれることがしばしば見られる。初心者として男性が編み物をしても女性へ贈られることは余り見受けられない。

ボア(英語: boa)、あるいはフェザーボアはスカーフのように首に巻く襟巻きの一種で、羽根(フェザー)や毛皮などでできているものを指す。毛皮や毛糸などでできているものもあるが、多くはさまざまな羽根でできている。ダチョウ、マラブー、シチメンチョウ(とくに小さい羽根であるシャンデル)などが最もよく使われる。漂白・染色を経た後にのり付け・縫い付けによって長い襟巻きにする。シャンデルの軽いものだと65グラムほどだが、ダチョウの大がかりなものだと200グラムくらいになる。

メンズアイテムの紹介その他

メンズアイテム紹介

メンズアイテムをGoogle Bookmarks に追加