メンズアイテム

メンズアイテム

メンズアイテム

HOME>


メンズアイテムの紹介のホームページをご覧いただきありがとうございます
メンズアイテムの通販サイトを紹介しています
ファッションにお金をかける人が減っているらしいです、
だからこそ今カッコいい服装をしていたらどうでしょうか?
きっとあなたはもてるはずだと思いませんか?
そんな男性を応援ています。陰ながら。いっや表だって!

メンズファッション通販 TopIsm

メンズファッション通販 メンズファッション通販

☆人気モデル黒野慎(まこち)☆
女子氏ウケUP↑最旬モテ服♪
≪鉄板コーディネート特集≫
トレンドアイテムをお手頃価格で

メンズファッション通販【TopIsm】 メンズファッション通販

メンズファッションプラス

メンズファッション メンズファッション

雑誌に載っているような高度なオシャレではなく、無難カッコいいをテーマに洋服をご提供!コーデを『マネキン買い』できるので、日々のコーデで悩む必要がありません!

メンズファッションプラス メンズファッション

LEVI’S リーバイス

LEVI’S リーバイス

リーバイ・ストラウスは、アメリカ合衆国を拠点とするアパレルメーカーであり、ジーンズのブランドである。通称はリーバイス(Levi's)リーバイスはアメリカ合衆国で1971年に上場した。リーバイスは一部発展途上国に契約工場を持っており、早くから児童労働の回避を含むガイドラインを制定していたが、1992年、ある契約工場で就労年齢に達しない児童労働の実態が明らかになった。この時リーバイスがとった方針は「現地に学校を作り、子供達を通わせて、就労年齢に達してから再雇用する」というものであった。しかしこの方針に対して株主からの批判が相次いだ。学校を建てる資金があるなら、株主により還元するべきなのではないかという批判である。そうした批判を受けながらもリーバイスは、同社会長が追求する人権保護や差別撤廃、環境保全、フェアトレードなどといった社会的責任を追求する経営を貫くため、「上場企業ほど株主利益に左右されない企業になることを選択する」として、社会に貢献する企業であり続けるために、創業家によるMBOを行いアメリカ合衆国での上場を止めたというエピソードがある。

エドウインショップ(EDWIN)

エドウインショップ(EDWIN)

エドウイン(EDWIN)は、デニム素材を中心とした日本のファッションブランド。エドウインのジーンズの特徴として、ペーパー・ブラシを用いてジーンズにヒゲを出したり、シェービングを用いて全体的な色落ち加工を施したり、ほつれを出すなどのダメージ加工が挙げられる。デザインの特徴としては、ポケットのWのステッチ、EDWINロゴを大きく配した皮ラベルなどが挙げられる。このデザインは1960年代のモデルから引き継がれているデザインである。